セーブモードで快適・省エネのご紹介 :お知らせ :日本床暖房工業会
HOME > お知らせ:セーブモードで快適・省エネのご紹介

お知らせ

セーブモードで快適・省エネのご紹介

セーブモードボタン

「セーブモード」とは、床暖房とエアコンを併用運転することにより、省エネを目指した運転モードです。
お部屋の空気はエアコンで温め、床暖房は床表面を温めるために能力を抑えて運転します。また、床暖房の能力を抑えているため、春先や秋口など、床暖房が暖まりすぎると感じるときにもおすすめです。

  • 注)エアコンとの通信連動は行っていないため、 床暖房のセーブモード運転を行うと共に、エアコンの暖房運転を行う必要があります。セーブモードでは、床暖房の能力を抑えて運転しますので、通常運転に比べて床表面温度が低く感じる場合があります。
  • 注)ご使用の環境によっては省エネにならない場合がございます。
  • 注)セーブモード運転から通常の床暖房運転への切替には、セーブモードボタンを長押しする必要があります。

※東京ガス(株)の下記URLより引用
https://home.tokyo-gas.co.jp/housing/living/yukadan/use.html

  • ※セーブモード機能のある床暖房リモコンを設置いただくと、1次エネルギー消費量の計算時に“温水床暖房(併用運転に対応)“を選択いただけます。
    詳細は、『住宅に関する省エネルギー基準に準拠した省エネプログラム』入力ガイドのPoint3 “温水床暖房(併用運転に対応)を選択できる場合”及びその下部のmemoをご参照ください。

https://house.lowenergy.jp/dictionary/heating#hs_ldk_type


ページトップへ戻る 戻る ページトップへ戻る